トップ / 粉ミルクの正しい調乳方法

母乳育児と粉ミルク育児

粉ミルクの正しい調乳方法

赤ちゃんに優しい粉ミルクの調乳方法

調乳はそれほど難しいものではありませんので、作り方をしっかり覚えきれば誰でも作るとができます。ミルクを作ろうと思ったら、まずは手を洗い消毒した清潔な器具を用意。消毒された哺乳瓶を使ってスタートです。生まれたばかりの赤ちゃんは、雑菌に対する抵抗力が高くないので清潔を心がけることが大切です。

そして、哺乳瓶の中に粉ミルクを入れ、完成量の半分~三分の二くらいになるようにお湯を入れてミルクを作ります。この時、あまり高すぎる温度のお湯を使うと、粉ミルクの栄養分が破壊されてしまうので注意してください。また、あまり温度が低すぎると、今度は雑菌が残ってしまったり粉ミルクがうまく溶けてくれませんのでやはり注意です。煮沸したお湯を70℃程度まで冷まして使うと良いでしょう。
乳首とフードをつけて、哺乳瓶を良く振って溶かしてください。その後、湯冷ましなどを足して完成量に合わせ、優しく哺乳瓶を回して混ぜます。

次に哺乳瓶に流水を当てるなどして、人肌くらいまで温度を下げます。ミルクの温度を確かめる時は、自分の腕の内側にミルクを一滴たらしてみると良いでしょう。たらしてみて、ちょっと温かいと感じるくらいが丁度良い温度(40℃)です。この温度チェックは、赤ちゃんの火傷を防ぐ為にも必要なものです。
哺乳瓶の外側が冷めているように感じても、ミルクが熱いこともありますので、必ず温度チェックを行って確認してから飲ませるようにしてください。作りおきや飲み残しを与えてはいけません。ミルクは、一回ごとに調乳して飲ませるようにしてください。

粉ミルクは、直射日光に当たらないように気を付け、室温の清潔な場所で保存するようにします。蓋をしっかりとしめて、缶の中に湿気やホコリなどの異物が入らないようにしましょう。専用スプーンは、使ったら洗って乾かします。粉ミルクの缶の中に、入れっぱなしにしないようにしてください。